静岡のニュースポータルサイト

熱海・土石流 ボランティア受け入れ一部で開始

2021年07月21日(水)  静岡第一テレビ

熱海市で土石流が発生してから19日目。生活再建を支援するボランティアの活動が一部で始まった。

熱海市伊豆山では21日も午前6時から約1000人態勢で重機や手作業による捜索活動が行われている。

熱海市によると、これまでに死者は19人、行方不明者は9人となっている。

こうした中、立ち入り禁止区域が緩和されたことを受け21日からボランティアの受け入れが熱海市内に住む人に限定して始まった。

午前10時ごろ、熱海市役所では事前に登録したボランティアが受付を済ませた後、現場に向かった。

きょうの活動では、現場で土砂などの撤去作業などにあたるという。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る