静岡のニュースポータルサイト

県 コロナ対策 宿泊施設への認証制度 現地確認

2021年07月21日(水)  静岡第一テレビ

県は、先月から新型コロナウイルスへの感染対策を行って、申請があった宿泊施設を認証する制度を始めた。

21日は、申請を行った静岡市葵区の宿泊施設に、県が委託した調査員3人が出向き、現地確認を行った。

現地確認は、ロビーや飲食施設、大浴場などで十分な感染対策がとられているのかなど最大160項目に及び、全てをクリアしなければ認証されない。

認証されると消毒液やアクリル板など感染症対策にかかった費用が最大1000万円まで助成される。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る