静岡のニュースポータルサイト

葉物野菜が高騰…早い梅雨入りや先月末の九州地方の長雨が影響か カット野菜が人気に 静岡市

2021年06月11日(金)  静岡朝日テレビ

 食卓に欠かせない栄養満点の野菜。暑くなってきたこの時期、なぜか価格に変動が出てきているといいます。静岡県内のスーパーで、その状況を取材しました。

「半分に切って、価格を抑えて販売」

静岡市内のスーパーの野菜売り場です。ここ数日の間からキャベツなどの葉物野菜を中心に野菜の価格が上がり始めていると言います。葉物野菜が高騰している状況、お店の方に話を聞いてみると…。
     
Q.1個198円、値上がりしているんですか?

A.そうですね、例年に比べると50円ぐらい高いですね。結構上がってますね。そうですね。キャベツもレタスと同じように、例年だと138円とか158円で販売するんですが、今は198円ちょっと、高いですね

Q.キャベツ高いですね。私もよく自炊するので、スーパー来るんですけど198円は、あまり見ない。

A.そうですね。

 さらに…

Q.ブロッコリーってこんな高いんですか?

A.そうですね、ブロッコリーも1個238円とちょっと高いですね。

Q.通常だといくらぐらいなんですか?

A.実は最近、先月ぐらいまでは安かったんですよ。安く入ることが多くて、138円とか158円で販売していましたが、また最近値上がりしてまして、238円ちょっと。

Q.値上がりして、売れなくなったとかってありますか?

A.そうですね、やっぱりブロッコリーなんかは、この丸というか1個売りが売れなくなるもんですから、半分の方が動きがよくなりますので、小さくして値段を抑えて販売している状況です。

早い梅雨入りや長雨の影響か

 葉物野菜高騰の原因は一体何なんでしょうか?

A.雨の影響で、品質の良いものが揃わないというところが、一番大きな影響だと思います。

 田子重商品部の調べによると、早い梅雨入りや先月末の九州地方の長雨などの影響で、品質の良い商品の出荷が減っていることが原因のひとつと考えられています。

カット野菜に人気が

 そんな中、消費者側にも変化が

店員:「葉物野菜が値段が上がると、カット野菜が売れるようになります。キャベツの千切りサラダとか、あと炒め物用の野菜なんかは値段が変わらないものですから、そちらの需要が増えていきます」
                                             
客:「普段毎日使ってるのが、キャベツなので、キャベツがちょっと高いなって思っちゃうんです」
                                  
客:「何に使うにしても、キャベツにしてもレタスにしても上がって、毎日お弁当だから、それも大変です。ブロッコリーもすごく値段上がってるんで、ブロッコリーは彩りも大事だし、栄養価も高いので入れたいんですけど、なかなかね…。それこそ冷凍の野菜を使ったりとか」
                                  
客:「ひと玉買って、それを分けて使ったり、値段が変動しないできたもの、これは値段が変わらないのでそれで足したりしてます」

飲食店「コスト面で苦労してます」

 飲食店には影響があるのでしょうか?

Q.葉物野菜とか野菜の値上がりというのは、お店の収益にも影響が出てきたりしますか?

A.「はい、仕入れが高く、仕入れ値が上がることなので、うちの場合は、キャベツをいっぱい使うものですから、やっぱり仕入れ値が上がった分、コスト的なもので苦労はしています。定食とかそういうのは、やっぱり値段を変えるわけにもいかないですから、それなりにあっちに買い出し、こっちに買い出しと苦労はしております」

油も値上がり…事前にまとめ買い

 さらに追い打ちをかけるように先月から食用油も一部が値上げ。一部の油が、1kgあたり50円前後値上がりしました。

Q.油の値上がりも大変じゃないですか?
  
A.はい、この間上がったばっかりで、事前にわかっていたものですから、まとめ買いをさせてもらいまして。最初に買ったときは10缶買ってきた。

Q.1缶でだいたい何日もつものなんですか?

A.そうですね、だいたいうちの店だと5日くらいですか

 店主の話によると一斗缶ひとつで100円近く高くなっているそうです。

Q.食用油の値上げもやっぱり影響がありますか?

A.あります。中華料理には必需品なので…。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る