静岡のニュースポータルサイト

免許証を偽造して勤務先の大学に提出か…無免許運転などの罪で元静岡大学准教授を在宅起訴 静岡地検沼津支部

2021年06月15日(火)  

 2月、無免許運転の疑いで逮捕された静岡大学の元准教授の男について、静岡地検沼津支部は免許証を偽造したとして有印公文書偽造などの罪で在宅起訴しました。

静岡地検沼津支部

 有印公文書偽造・同行使と道路交通法違反の罪で在宅起訴されたのは、静岡大学の元准教授の44歳の男です。起訴状などによりますと、元准教授は去年10月、自身の原付バイクの免許証をパソコンなどを使って普通自動車の免許証に偽造し、当時の勤務先だった静岡大学にコピーを提出した上、今年2月、2度にわたって無免許で乗用車を運転したとされています。

 元准教授は2月に静岡県松崎町地内で乗用車を無免許で運転したとして逮捕されていました。静岡地検沼津支部は元准教授の認否を明らかにしていません。

 静岡大学によりますと、元准教授は3月18日付で諭旨解雇処分を受けています。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る