静岡のニュースポータルサイト

偽ブランド品輸入容疑 フィリピン国籍の女逮捕 SNS使って偽ブランド品販売か

2021年06月09日(水)  静岡放送
偽の高級ブランド品を海外から輸入しようとしたとして、浜松市に住むフィリピン国籍の女が6月8日逮捕されました。女はSNSを使って、日本に住む外国人に偽ブランド品を販売していたとみられます。

 関税法違反の疑いで逮捕されたのは、フィリピン国籍で浜松市中区佐藤に住む女(37)です。警察によりますと、女は今年3月、高級ブランドのルイ・ヴィトンやグッチに似せたパジャマ26組を中国から輸入しようとした疑いがもたれています。女は、中国の通販サイトから購入した偽ブランド品をフェイスブックを使って日本に住む外国人に販売していたとみられ、売上金とみられる金が今年1月から3月までの間に少なくとも約300万円振り込まれていたということです。また、偽ブランド品とみられるTシャツなど約100点も押収されているということです。警察は、商標法違反の疑いも視野に余罪を捜査しています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る