静岡のニュースポータルサイト

新型コロナ 県専門家会議 感染の指標「ステージ3」据え置きで一致(静岡県)

2021年06月10日(木)  静岡放送
県は6月9日、新型コロナウイルスの専門家会議を開き、国が示す感染状況の指標について「ステージ3」を据え置くことで一致しました。

 オンラインで行われた専門家会議では新型コロナウイルスの国の感染状況の指標について議論が交わされました。
 <県健康福祉部 後藤幹生参事>「大多数の委員はステージ3で続行する意見が多数占めた」
 委員からは西部の病床使用率が下がっているものの現在も40%を超えていることや、医療状況が依然として逼迫しているなどの意見が相次ぎ、現在の「ステージ3」を維持していくことで一致しました。また「ステージ2」へ引き下げる目安として、県全体の病床使用率が20%程度となったところで引き下げるかどうか判断するとしました。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る