静岡のニュースポータルサイト

8つの流派集う 島田で大茶会

2021年06月10日(木)  静岡放送
東京オリンピック・パラリンピックに向けて行われる県の文化プログラムのひとつとして、島田市で様々な流派による茶会が6月10日から始まりました。

 10日から始まった「ふじのくに各流大茶会」には、県内の抹茶や煎茶の8つの流派が参加しています。期間中、1日に3つの流派がそれぞれ「本席」「野点席」「立札席」の3席で茶会を開きます。初日は午前中から多くの人が訪れ、趣向を凝らした趣のある会場でお茶を味わうとともに雰囲気を楽しんでいました。
 <訪れた人>「とってもよいお茶席で雰囲気ができていて感激している」
 「ふじのくに各流大茶会」は、島田市のふじのくに茶の都ミュージアムで6月13日まで開かれています。

6月10日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#オレンジ6
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る