静岡のニュースポータルサイト

浜松の女子中学生 学校側が調査報告書公表(静岡県)

2021年06月14日(月)  静岡放送
浜松市で女子中学生が遺体で発見された事件をめぐり、背景にいじめがあったとして遺族が公開するよう訴えていた調査報告書を学校側が公表しました。

 この事件は静岡大学付属浜松中学校に通っていた女子生徒(当時15)が、キャンプ場で遺体で発見され、一緒に自殺を図った疑いのある男が逮捕・起訴されています。女子生徒の遺族は事件の背景には中学校でのいじめが存在すると主張、学校側にいじめに関する調査報告書の公開を求めてきました。6月14日、学校側から公開された報告書によりますと、女性生徒が長期の不登校に至ったのは学校側の対応に問題があったと指摘されています。ただ、今回公開された報告書はプライバシー保護の観点から隠された部分が多い上、いじめがあったかどうかについても学校側はコメントしないと説明しています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る