静岡のニュースポータルサイト

ワクチン 静岡市 接種完了は2022年1月末か

2021年07月21日(水)  静岡放送
静岡市は新型コロナワクチンの国からの供給量が減る見込みであることから、予定していた接種の時期などを見直すと発表しました。接種の完了は2022年1月末になるとみられます。

 <田辺信宏静岡市長>「静岡市が求める171箱に対して117箱しか供給されない想定」
 静岡市では当面、国から供給される新型コロナワクチンの量が予定よりも約3割減る見込みです。このため接種のスケジュールなどを見直し、8月16日以降の約6万9000人分の予約枠については、60歳以上でまだ接種していない人や、59歳以下で基礎疾患を持っている人などを優先する考えです。接種券は7月21日までに50歳以上の市民への発送が済んでいて、今後の予約については国からの供給量を見た上で対象を拡げていきたいとしています。静岡市は11月末までに希望する市民全員のワクチン接種の完了を目指していましたが、このまま供給量が少ない状態が続けば2022年1月末に延びるのではないかとみています。

7月21日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#オレンジ6
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る