静岡のニュースポータルサイト

熱海土石流 発生から20日目 行方不明者の捜索続く

2021年07月22日(木)  静岡放送
熱海市で土石流が発生してから7月22日で20日目です。現場では行方不明者の捜索が続けられています。

 <神谷修二記者> 「午前9時すぎです。きょうもかなり日差しが強いです。捜索現場では自衛隊の小型の重機による捜索活動が続けられています」
 22日は約1000人態勢で捜索が続き、被害の大きい住宅地で複数の重機を使いながら土砂やがれきをかき出す作業が集中的に行われています。土石流災害でこれまでに19人の死亡が確認されていて、21日は坂本玲子さん(87)の身元が判明しました。いまだ8人の行方がわかっていません。また、22日は4連休の初日ということで、JR熱海駅周辺では大きな荷物を抱えた家族連れの姿が見られました。
 <観光客>「前から決めていたので、行くことも復興になるのかなと思って来た」
 土砂災害と新型コロナの感染拡大が熱海の観光にも影響を及ぼしそうです。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る