静岡のニュースポータルサイト

熱海土石流 発生から26日目 行方不明者の捜索続く

2021年07月28日(水)  静岡放送
熱海市伊豆山の土石流発生現場では7月28日も警察などの懸命な捜索活動が続いています。


 <天野貴弘記者>「きのうの雨の影響か、ジメっとしていて湿度が高い今日の熱海市内。現場では、重機と人による捜索活動が続けられています」
 土石流の発生から26日目を迎えた熱海市伊豆山では28日も朝から警察や消防など約500人による行方不明者の捜索が行われています。27日の捜索では新たに1人が発見され、死亡が確認されました。警察は、見つかったのは40代の男性とみていて、熱海市などが身元の特定を進めています。警察は、まだ行方が分からない6人の発見を急ぐため、これまでの重機を主体とした活動に加えて、国道135号の逢初橋周辺から伊豆山港までの地域を再び捜索するとしています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る