静岡のニュースポータルサイト

熱海土石流 1人の身元判明 29日午後には住民説明会を開催

2021年07月29日(木)  静岡放送
熱海市で発生した土石流災害で7月28日、新たに1人の遺体の身元が判明しました。29日午後には被災者の生活再建に向けた住民説明会が行われます。

 熱海市は27日に発見された1人の遺体の身元が、行方不明となっていた坂本光正さん44歳と判明したと28日、発表しました。これで、この災害により亡くなった人は22人、行方が分からない人は5人となりました。警察などによる捜索活動は29日も午前6時から500人態勢で行われています。午後3時には、土石流の発生後から通行止めとなっていた国道135号の規制が解除されます。また、熱海市は29日から31日にかけて、生活再建に向けた罹災証明書の発行や今後の支援体制についての住民説明会を開く予定です。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る