静岡のニュースポータルサイト

台風14号直撃の恐れも 17日夜から激しい雨 18日昼前に最接近か(静岡県)

2021年09月17日(金)  静岡放送
台風14号は午後に西日本に上陸したあと東へ進み、9月18日昼前から夜にかけて県内に接近する見通しで、17日夜から激しい雨が降り始めて大雨となる見込みです。

 気象庁によりますと、台風14号は午後に西日本に上陸したあと東に進み、18日昼前から県内にかなり接近し、直撃する恐れもあります。台風の接近に伴い、暖かく湿った空気が入り込むため、17日夜から多いところで1時間に30~50ミリのバケツをひっくり返したような激しい雨が降る見込みです。18日午前6時までの24時間に予想される雨量は、県内全域で150ミリ、19日午前6時までの24時間では200~300ミリの大雨となる見通しです。気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに警戒し、川の近くや急斜面の近くなど災害のリスクがある地域の人は、17日の明るいうちに避難を終えるよう呼び掛けています。また、18日から潮位が高い大潮となるため、未明や夕方の満潮時には高潮にも注意が必要です。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る