静岡のニュースポータルサイト

台風14号 18日夕方~夜遅く 静岡県内にかなり接近へ

2021年09月17日(金)  静岡放送
台風14号は9月18日夕方から夜遅くにかけて県内にかなり接近する見込みです。18日は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。

 17日午後4時ころの福岡県久留米市の様子です。雨とともに風が吹き荒れ、歩くのが大変な状況です。今は弱い雨の静岡県内にも台風は確実に近づいてきています。台風の接近に備え、下田市の港では漁師が船を縛り付けていました。県内では18日、1時間に50ミリの非常に激しい雨が予想されています。18日午後6時までの24時間では、多いところで県内全域で250ミリの大雨となる見込みです。18日に予想される風は中部、西部、伊豆の陸上で最大風速が15m、最大瞬間風速が30mです。また、中部南、遠州南、伊豆南では5mの高波が予想されています。
<県危機管理部 杉山隆通危機報道官>「西日本から静岡を縦断する予報になっている。今年は静岡県にとって初めての台風接近。伊豆山の方の証言で分かったが、前兆現象のような、いつもと違う土の臭いがするとか、濁った水がいつもと違うところに流れているのを見つけたら、土砂災害が起こるかもしれないという危険の予測をして、不安だったら緊急避難する、そうした行動を実現するのが重要」
 県や気象台は災害のリスクがある地域の人は早いうちに避難を終えるよう呼び掛けています。
#オレンジ6 9月17日放送
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る