静岡のニュースポータルサイト

屋外の作業に注意!マダニ媒介”SFTS” 静岡市内初の患者確認

2021年06月10日(木)  テレビ静岡
マダニを媒介とする感染症「重症熱性血小板減少症候群」の患者が、静岡市内で初めて確認されました。

静岡市によりますと、駿河区に住む60代の女性で、今月7日、市内の医療機関を受診し、9日市の保健所に届け出がありました。

女性には発熱や下痢の症状があり入院中ですが、軽症だということです。

女性の同居家族が農作業をしており、マダニがついた服を家に持ち込み、かまれたとみられます。

同居家族もかまれており、発熱などの症状があるため今後受診する予定です。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る