静岡のニュースポータルサイト

パラ五輪正式競技 ブラインドサッカー小学生が体験 「大きい声で合図」静岡市葵区

2021年06月10日(木)  テレビ静岡
音の鳴るボールに向かって歩くアイマスクをした小学生。

葵区の服織西小学校で行われたのは、パラリンピックの正式競技ブラインドサッカーの体験教室です。

ブラインドサッカーは、選手に相手ゴールの裏からゴールの位置などを伝えるガイドの役割も重要で、子供たちは協力しながらボール蹴ることができると歓声をあげていました。

小学生「何も見えなくてボールを空振りしちゃう」

小学生「(ガイドでは)出来るだけ大きい声で伝わりやすいように合図しました」

担当者は「障害のある人の立場を知り、自分がどうすべきか考えるきっかけになれば」と話していました。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る