静岡のニュースポータルサイト

聖火リレーの式典で披露 小学生が五輪音頭を練習 静岡・三島市

2021年06月11日(金)  テレビ静岡
約2週間後に迫った東京オリンピックの聖火リレーを盛り上げようと、11日、静岡県三島市の小学生たちが五輪音頭を練習しました。

「それ!オリンピックの顔と顔、それドドンと・・・」

23日から始まる県内の聖火リレーは、2日目に三島市内を通ります。

11日は徳倉小学校の6年生が五輪音頭を練習しましたが、踊るのが初めての児童も多く、振り付けを覚えるのに苦労する場面も見られました。

「右に行く。反対!どっこいピース!」

当日は児童10人がランナーに伴走するサポートランナーを務め、ゴール地点の三嶋大社で開かれる式典で五輪音頭を披露します。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る