静岡のニュースポータルサイト

静岡市が59歳以下の接種延期 ワクチン不足で

2021年07月21日(水)  テレビ静岡
8月中旬以降の国からの新型コロナワクチンの供給量が約3万人分減るとして、静岡市は8月12日に予定していた59歳以下の接種を延期すると発表しました。

基礎疾患を持つ人などは接種できますが、59歳以下の一般の市民の接種開始はめどがたっていません。

きょう県内の新規感染者は57人で、オリンピックが開催される地域の病床使用率は8割にまで達しひっ迫しています。

県は4連休の帰省は延期し、オリンピックは家庭で応援をと呼びかけています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る