静岡のニュースポータルサイト

魚市場で冷凍カツオ大量窃盗 焼津漁協職員を送検 複数人で共謀か 静岡・焼津市

2021年10月13日(水)  静岡第一テレビ

静岡・焼津市の魚市場で発生した冷凍カツオの窃盗事件で逮捕された焼津漁協の職員が、13日朝送検された。

送検されたのは、焼津漁業協同組合の職員、吉田稔容疑者40歳。

警察によると吉田容疑者は今年4月、焼津漁港の魚市場で市内の水産加工会社が水揚げした冷凍カツオ約4トン、74万円相当を盗んだ疑いがもたれている。

この事件では水産加工会社の会社役員ら男3人がすでに逮捕されていて、警察は、吉田容疑者が水揚げされたカツオなどの配送や計量を指揮する立場を悪用し、容疑者らと共謀して犯行に及んだとみている。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る