静岡のニュースポータルサイト

衆院静岡6区フリージャーナリスト大嶽創太郎氏が出馬断念 立憲・自民・維新3人の戦いへ

2021年10月13日(水)  静岡第一テレビ

衆院静岡6区からの出馬を予定していたフリージャーナリストの大嶽創太郎氏が13日、出馬を断念することを発表した。

大嶽氏は岸田政権の発足で野党候補の苦戦が予想されるとの認識を示し「私が出馬すれば自民党候補がさらに有利になる」ため断念したと説明した。

衆院静岡6区からは立憲民主党・渡辺周衆院議員 自民党・勝俣孝明衆院議員 日本維新の会・山下洸棋氏が立候補を表明している。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る