静岡のニュースポータルサイト

静岡・浜松市の区の再編「7区から3区へ」市議会特別委が意見まとめ市に提案

2021年11月25日(木)  静岡第一テレビ

静岡・浜松市の行政区再編について、市議会の特別委員会は11月25日、現状の7区を3区に再編すべきとの意見をまとめ、市に提案した。

浜松市の行政区再編をめぐっては、現状の7区を、2区、3区、4区のいずれかに再編するよう検討されてきた。25日の特別委員会で、地域特性や行政コスト削減などの観点から、3区に再編すべきだという案でまとまり、市に提案された。

まとまった3区案はまず、天竜区を単独区とする。次に浜北区と、北区の三方原地区を除いたエリアを一つの区に。さらに、中区、東区、西区、南区に、北区の三方原地区を加えて一つの区にするというもの。

(静岡・浜松市議会特別委 委員長)

「地域づくり、住民自治を見直すいいきっかけになっていると思うし、将来施策を行っていくには一番効率的だと考えている。」

今後はこの案をもとに、市が区役所や防災拠点の位置など具体的な区割り案を検討し、12月7日に開かれる特別委員会で最終案を内定する。その後、市民への意見聴取などを経て、来年5月に最終決定する方針。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る