静岡のニュースポータルサイト

早くもタケノコ初出荷 この時期の出荷量は少なく主に料亭用に都内の市場へ 静岡・藤枝市

2021年11月25日(木)  静岡第一テレビ

タケノコの産地、静岡・藤枝市の朝比奈地区では、早くもタケノコの出荷が始まった。

朝比奈地区は、早掘りのタケノコの産地として知られ、特にこの時季のタケノコは色が淡くてやわらかく、出荷量が少ないため貴重とされる。

初出荷となった11月25日は、1本100グラムから500グラムのタケノコ計約37キロが地域の集荷場に持ち込まれた。

タケノコは大きさごとに箱詰めされると、主に料亭用として東京の市場に出荷された。

ことしは台風の影響が少なかったために育ちが良く、地元のJAでは来年4月までに約400トンの出荷を見込んでいる。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る