静岡のニュースポータルサイト

【新型コロナ】静岡県内で新たに382人感染 過去最多の9件のクラスター発生

2022年01月13日(木)  静岡第一テレビ

感染者の拡大傾向は続きそうだ。13日、静岡県内では382人が新型コロナに感染したと発表され、過去最多の9件のクラスターが

発表された。

13日静岡県内では浜松市で81人、静岡市で60人、磐田市で56人、沼津市で31人、富士市で22人、焼津市で18人など計382人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。

また県内で新たに9件のクラスターが発生したと発表された。

伊東市内の会食で12人のほか、裾野市の「川田こどもクリニック」で6人、伊東市と焼津市、袋井市の学校や沼津市の高齢者施設などでクラスターが起きた。

また静岡市はプロバスケットボールチーム「ベルテックス静岡」で、選手など12人が感染しクラスターが発生したと発表した。

1日に新たなクラスターが9件発表されるのは過去最多。

浜松市が発表した感染者の症状は、全員が軽症または無症状だった。浜松市はオミクロン株の可能性がある感染経路不明の感染者が多数いることから「オミクロン株の市中感染が発生している」とみている。

ラグビーリーグワンの「静岡ブルーレヴズ」は11日、選手とスタッフ23人の陽性を確認したと発表した。

静岡ブルーレヴズは4日に4人の感染が明らかになり、9日のリーグ初戦が中止に、さらに16日の試合も中止となった。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る