静岡のニュースポータルサイト

町民の“足”や観光に活用できるか 電動キックボードのレンタル開始前に地元説明会(静岡県西伊豆町)

2021年09月14日(火)  静岡第一テレビ

若者に人気の電動キックボードを町民や旅行者の足としてレンタルし交通の充実を図ろうと、西伊豆町で関係者を集めた地元説明会が開かれた。

電動キックボードは、原付バイクと同じ分類で運転免許やヘルメットの着用車道通行などが条件となる。

西伊豆町観光協会では、この電動キックボードをタクシーやバスなどが不足している町内の移動に観光の視点から活用してみようと、レンタルを始めることにした。

9月14日の説明会は町や商工会、下田警察署などが参加して行われた。説明会では電動キックボードの使い方や法律上の区分などが説明され、試乗会も行われた。

(体験した関係者)

「これは爽快。売れると思う。これは便利だ。」

(体験した関係者)

「町乗りとかには適してると思う。」

(西伊豆町観光協会 塩澤会長)

「コロナ禍で何もしないよりも、目新しさを含めてやってみようというチャレンジ的な意味合いもある。観光スポットを結ぶような使い方ができれば、活用できるのではないかと考えている」

電動キックボードのレンタルは、10月初旬の稼働を目指すという。

< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る