静岡のニュースポータルサイト

浜松市国道1号 大型トラック歩行者はねる 20代男性死亡

2021年10月13日(水)  静岡放送
10月13日未明、浜松市西区の国道1号下り線で大型トラックが歩行者をはねる事故があり、20代の男性会社員が死亡しました。

 13日午前3時頃、浜松市西区篠原町の国道1号下り線を走っていた大型トラックが歩行者と衝突しました。この事故で湖西市の会社員(23)が全身を強く打ち、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。トラックを運転していた48歳の男性にケガはありませんでした。警察によりますと現場は国道1号の本線上で、下り線を走っていたトラックが歩行中の会社員をはねたということです。この事故の影響で国道1号下り線は、約3時間通行止めとなりました。警察が詳しい事故の原因を調べています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る