静岡のニュースポータルサイト

衆院選 静岡6区 大嶽氏 立候補を取りやめ

2021年10月13日(水)  静岡放送
続いては衆院選です。静岡6区から出馬を予定していた大嶽創太郎さんが立候補を取りやめると表明しました。立候補することで自公政権に利することになると説明しています。

 <大嶽創太郎氏>「公示日を迎えて訴えを続けることが、将来や未来やこの静岡においてプラスではないと判断して、苦渋の決断ですが結論に至りました」
 大嶽さんは10月13日の会見で19日に公示される見通しの衆院選への立候補を取りやめると表明しました。取りやめた理由として多く立候補することは自公政権を利することになると説明しています。
 衆議院静岡6区には、自民党の現職・勝俣孝明さん、立憲民主党の現職・渡辺周さん、日本維新の会の新人・山下洸棋さんの3人が出馬予定です。

10月13日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#オレンジ6
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る