静岡のニュースポータルサイト

地域の足となるか 松崎町で自動運転車両の実証実験(静岡県)

2021年10月15日(金)  静岡放送
県による自動運転プロジェクトが2021年も松崎町でスタートし、10月15日から自動運転車両を使った実験が始まりました。

 このプロジェクトは、自動運転車両を地域の足として過疎地域への導入を見据え実験するもので、2021年で3年目を迎えます。今回の実験では、一度に8人が乗車可能なバス型の車両を使い、バスターミナルから岩科学校までの往復約7kmの市街地を走行します。実験に使う車両は、松崎町から約50km離れた伊豆高原にあるコントロールセンターから遠隔運転することが可能で、車を操作する際には、運転席に人は座りません。
<静岡県交通基盤部 未来まちづくり室 増田慎一郎室長>「今回は遠隔で操作、遠隔で監視、自動運転を実証に結び付けたいと考えています」
<松崎町企画観光課 齊藤一憲係長>「常に街中を自動運転車両が走っているというところができたらいいなと思います」
 今回の実証実験は10月21日まで行われ、期間中、町民約80人が体験乗車する予定です。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る