静岡のニュースポータルサイト

「30本塁打目指す」三島南・前田銀治選手 楽天と契約

2021年11月24日(水)  静岡放送
プロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから3位指名を受けた三島南高校の前田銀治選手が11月24日、球団との契約に合意しました。

 前田選手は高校通算31本塁打を放つなど長打力に加え、俊足が魅力のスラッガーで、2021年のドラフト会議で楽天から3位指名を受けました。前田選手は24日、三島市内のホテルで入団交渉に臨み、いずれも推定で契約金5000万円、年俸550万円で球団との契約に合意しました。
 <前田銀治選手>「契約が合意し身が引き締まった思い。3年以内に1軍の試合に出られる選手になって、30本のホームランを目指して練習したい」
 契約金の使い道について記者から問われると、前田選手は炭酸水が好きなので自宅で炭酸が作れる製品を買いたいと話しました。

11月24日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#おれんじ
#オレンジ6
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る