静岡のニュースポータルサイト

細野議員の自民党県連入り 県内選出の国会議員 意見まとまらず(静岡県)

2021年11月25日(木)  静岡放送
自民党入りした細野議員の県連入りについて、県内選出の国会議員は11月25日、会合を開きましたが、意見がまとまらず、次回に持ち越されることになりました。

 細野豪志議員は10月の衆院選で静岡5区から無所属で出馬し、自民党の吉川赳議員に約6万6000票の大差をつけて当選しました。この結果を受けて、自民党本部は細野議員の入党を認めており、11月23日に行われた県議の会合では細野議員の県連入りを容認することが了承されました。国会議員による会合では、細野議員の県連入りについて「納得できない」などと反対意見もあり、意見がまとまらなかったということです。県連の城内実副会長は「党の本部の提案は厳粛に受け止めるが、県内選出議員としての意見をしっかりとまとめる」として、近いうちに再度協議し方針を出すと話しました。
#おれんじ #オレンジ6 11月25日放送
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る