静岡のニュースポータルサイト

外国籍の男5人逮捕 木炭24トンにまぶして覚せい剤を密輸か(静岡県)

2021年11月25日(木)  静岡放送
浜松市で覚醒剤を含んだ木炭24トンを受け取ったとしてベトナム国籍の男ら5人が逮捕されました。覚せい剤は木炭の表面にまぶしたような状態で密輸されていました。

 木炭の表面に白い粉末が見えます。これが覚せい剤です。押収された木炭は約24トン。段ボール約2400箱にも上ります。麻薬特例法違反の疑いで逮捕されたのは、浜松市北区初生町のベトナム国籍の男(43)とブラジル国籍の男らあわせて5人です。容疑者らは11月17日、覚醒剤を含んだ木炭を浜松市内のベトナム国籍の容疑者の男が経営する会社で受け取った疑いがもたれています。10月、トルコからの船便で段ボール2400箱分の木炭が個人あてに届いたことを東京税関が不審に思い、検査したところ、木炭の中に覚醒剤が含まれているのを確認したということです。捜査関係者によりますと、覚せい剤は、木炭の表面にまぶしているような状態だったということです。取り調べに対し、5人はいずれも「中身は炭だと思った」と容疑を否認しています。県警などは5人がトルコから覚醒剤を密輸したとみて、海外の密輸組織や国内の密売組織が関与しているとみて捜査しています。
#おれんじ #オレンジ6 11月25日放送
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る