静岡のニュースポータルサイト

死亡事故多発 交通事故防止へ一斉街頭指導(静岡県)

2021年12月01日(水)  静岡放送
県内で死亡事故が相次ぐ中、年末に増える交通事故を防ごうと、警察や自治体などが12月1日の朝、一斉の街頭指導を行いました。

<街頭指導の様子>「自転車も走ってくるからね。前を見てよく見て隅っこを歩いてよ」
 朝の時間帯、通勤通学で交通量が増える静岡市清水区のこちらの交差点では、警察官や交通指導員らが街頭に立ち、横断歩道の歩き方や自転車の交通ルールなどを指導しました。清水区内では2021年、これまでに交通事故で9人が亡くなっています。
<静岡市交通指導員会清水支部 木村勲支部長>「高齢者の横断歩道の渡り方がまだまだ徹底されていない。1人1人がルールを守れば交通事故は減ると思う」
 警察などは年末に向けて取締りなどをさらに強化していくとしています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る