静岡のニュースポータルサイト

米軍キャンプ富士での感染受け 川勝知事 日米地位協定の改善求める(静岡県)

2022年01月13日(木)  静岡放送
御殿場市にあるアメリカ軍の「キャンプ富士」で、隊員の新型コロナ感染が相次いだことを受け、川勝知事は1月12日の全国知事会で日米地位協定の改善を求めました。

 12日、全国知事会がオンラインで開かれました。川勝知事は新型コロナの感染者が53人確認された御殿場市のアメリカ軍の「キャンプ富士」について問題視し、「軍人が直接、基地へ入国する場合、日本の検疫を受けないのは誠に遺憾」などと指摘しました。
<川勝平太知事>「地元の自治体で感染の把握ができないのは日米地位協定の支障であると考えている。防疫上の観点から今こそ、地位協定の抜本的改善が必要」
 また、川勝知事は米軍基地などがある都道府県の知事とともに連携して、この問題に取り組みたい考えも示しました。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る