静岡のニュースポータルサイト

冷凍カツオ抜き取り事件 焼津漁協が再発防止委員会(静岡県)

2022年01月14日(金)  静岡放送
再発防止の一歩となるのでしょうか。焼津港で起きたカツオの窃盗事件をめぐり、焼津漁協は1月14日、再発防止委員会の1回目の会合を開きました。

 焼津漁港で起きたカツオの窃盗事件をめぐり、焼津漁協は12月、再発防止委員会を立ち上げ、1回目の会合を開きました。委員会はカツオだけでなく、マグロやシラスなどの漁業者、水産加工業の代表らに加え、弁護士や焼津市の幹部など10人で構成されています。再発防止委員会では、水揚げのルールや港の防犯設備などの見直しを具体的に検討するということですが、会合は非公開で行われました。カツオの窃盗事件をめぐっては、2021年2月、ほかの船会社が水揚げした冷凍カツオ約4.4トンを盗んだとして焼津漁協の職員や焼津市内の水産加工会社の元社長ら5人が起訴されました。焼津漁協の調査では、冷凍カツオの抜き取りは少なくとも20年以上前から続いていたことが報告されています。再発防止委員会は2022年6月末までに報告書をまとめたいとしています。
#オレンジ6 #おれんじ 1月14日放送
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る