静岡のニュースポータルサイト

押収量が爆発的に増加している大麻リキッドの密輸入容疑 51歳の男を告発(静岡県)

2021年09月13日(月)  静岡放送
「大麻リキッド」と呼ばれる液状の大麻を密輸入しようとしたとして、御殿場市で自動車販売業を営む男が清水税関に告発されました。

 関税法違反の疑いで清水税関に告発されたのは御殿場市の自動車販売業の男(51)です。清水税関によりますと、容疑者の男はカートリッジ状の大麻リキッド7本合わせて、約5.9gを国際郵便を利用してタイから密輸入しようとした疑いがもたれています。2021年5月、タイから成田空港に運ばれた国際郵便物の中に容疑者あての郵便物があり、横浜税関がこの箱の中に隠されていた大麻リキッドを発見しました。この情報を基に清水税関が調査して今回の容疑が明らかになり、地検沼津支部に9月9日付けで告発しました。手軽に吸引できる大麻リキッドは税関での押収量が爆発的に増えていて、若い世代を中心に広まることが警戒されています。
#オレンジ6 9月13日放送
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る