静岡のニュースポータルサイト

【新型コロナ】静岡県内で3人死亡 新たに107人感染 新規感染者は減少傾向

2021年09月14日(火)  静岡放送
新型コロナウイルスについて9月14日、県内では新たに107人の感染と3人の死亡が発表されました。浜松市の医療機関では新たなクラスターが発生しています。

 新たな感染者を自治体別に見ていきます。東部では、富士市で7人、三島市で4人などいずれの市・町も感染者数は1ケタでした。続いて中部です。静岡市では県内で最も多い36人の感染が確認されました。静岡市の10万人当たりの療養者数はステージ4の基準を依然大きく超えています。西部では浜松市で18人、菊川市で6人の感染が確認されました。浜松市では入院患者1人の死亡が確認されています。また、県は施設に入居中の高齢者1人と50代1人の死亡を発表しました。2人とも基礎疾患があり、9月上旬に発症していましたが、本人の希望で入院治療をしていませんでした。浜松市浜北区の十全記念病院では勤務する医療従事者1人の感染が判明しました。病院によりますと、感染が分かった医療従事者はワクチンを2回接種していたということです。この病院内での感染者は13日までに確認されている入院患者4人と合わせて5人となり、浜松市は新たなクラスターが発生したと認定しました。県内では13日、新規感染者が42日ぶりに100人を切りました。14日も107人と新規感染者は減少傾向にあります。

9月14日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#オレンジ6
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る