静岡のニュースポータルサイト

浜松市の行政区再編問題 西区の区役所の位置で不満の声

2021年09月15日(水)  静岡放送
浜松市の行政区再編について検討している市議会の特別委員会と市は9月15日から住民への中間報告を始めましたが、西区での説明会では区役所の位置について不満の声が挙がりました。

 西区の会合では市と市議会の特別委員会が春以降協議した内容について説明しました。現在7つある区の再編をめぐっては、8月、天竜区を現状通りとする意見にまとまり、たたき台は3案に絞り込まれています。このうち3区案と4区案では、おおむね、いまの西区と北区を合わせた区の区役所の位置について、市が現在の西区役所にする案、市議会の自民会派が北区役所の位置にする案を示しています。この案に出席者からは…。
 <出席者>「西区役所の存続を強く要望するのみ」
 <出席者>「西区と北区の住民を納得させられるならよいが、正直このままだと難しい」
 市議会と市側は「意見を重く受け止めた。北区の住民の皆さんの意見も聞いた上で、特別委で協議していく」と答えるにとどめました。

9月15日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#オレンジ6
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る