静岡のニュースポータルサイト

【新型コロナ】静岡県内170人感染 スズキ相良工場 操業停止

2021年09月15日(水)  静岡放送
県内では9月15日、新たに170人が新型コロナウイルスに感染、1件のクラスターが確認されました。接種率の伸び悩みが課題の静岡市では12歳以上のワクチン予約が始まりました。



 新たな感染者を自治体別に見ますと、静岡市と富士市が22人、浜松市と掛川市が16人、島田市が13人などとなっています。スズキは9月15日までに、牧之原市の相良工場に勤務する従業員28人の新型コロナウイルス感染が確認されたことを明らかにしました。感染者の多くは、車体の組み立て作業を担当していて、スズキはこれまでに同じ工程で働く従業員約450人にPCR検査を実施したということです。この影響でスズキは14日から16日までの3日間、相良工場を停止しています。22人の感染が確認された静岡市の担当者によりますと、新たな感染者の数は引き続き減る傾向にあり、国のステージを決める指標のうちPCR検査の陽性率と10万人当たりの新規感染者数は今週のうちにステージ4の基準を切ると予想されています。


9月15日 SBSテレビ「ORANGE」放送
#オレンジ6
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る