静岡のニュースポータルサイト

冷凍カツオ盗難 職員逮捕の漁協が調査委員会 計量逃れの手口を教えたか 静岡・焼津市

2021年10月13日(水)  テレビ静岡
静岡県焼津港に水揚げされた冷凍カツオの窃盗事件で、焼津漁協は調査委員会を設置しました。

警察によりますと、この事件で逮捕された焼津漁協市場部の係長・吉田稔容疑者(40)は計量や配送を担当する責任者で、カツオを計量せずに抜き取る手口を手引きしていたとみられています。

今回の事件を受け焼津漁協は、警察の捜査に協力し全容解明を進めるため、顧問弁護士を中心とした調査委員会を設置しました。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る