静岡のニュースポータルサイト

【静岡・新型コロナ】新規感染3人 15日から警戒レベル下げカラオケ利用可能に

2021年10月13日(水)  テレビ静岡
13日、静岡県内では新型コロナウイルスの新規感染者が3人確認されました。4日連続で5人以下です。

居住地別では、静岡市2人、浜松市1人です。

新たに確認された死者や、クラスタ―の認定・拡大はありませんでした。

【病床使用率】(13日正午時点)
県東部 1.6%
県中部 0.9%
県西部 3.3%
ーーーーーーーーーーーーー
県全体 2.0%
重症者 1.6%
宿泊療養施設 1.3%

自宅療養者 14人(12日午後5時時点)
自宅待機者  1人

【ワクチン接種率】(12日時点)
県内全人口1回目 70.62%
     2回目 59.91%
高齢者  1回目 91.91%
     2回目 90.57%

【感染ステージ、警戒レベルの引き下げ】
静岡県の感染状況は、人口10万人当たりの新規感染者数が2人未満と低く、病床使用率も県全体で3%未満と病床のひっ迫も解消されたことから、県は感染状況を示す国の区分をステージ2から1に、県の警戒レベルをレベル4から3(県内注意・県外一部警戒)に、それぞれ15日から引き下げることを決めました。

警戒レベルの引き下げにより、これまで飲食店でのカラオケ設備の利用は「自粛」が解除され、「感染対策をして利用」に緩和されます。ただ、県は飲食時の黙食と会話時のマスク着用は引き続き徹底してほしいと呼びかけています。

イベントの開催も上限5000人または収容率50%(上限1万人)の大きい方までの制限は変わりません。

【自宅療養者数の訂正】
県は10月7日と8日に公表した自宅療養者数に集計ミスがあったとして訂正しました。7日が17人から57人に、8日が28人から46人に訂正されています。



< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る