静岡のニュースポータルサイト

富士宮市議会 前議長と元市議 贈賄の起訴内容認める 静岡

2021年11月24日(水)  テレビ静岡
富士宮市議会の議長選挙をめぐって、贈賄の罪に問われている前議長と元市議の初公判が24日行われ、2人はともに起訴内容を認めました。

起訴されているのは富士宮市議会の前議長・遠藤英明 被告(79)と元市議・稲葉晃司 被告(49)です。
起訴状によりますと、2人は2019年の議長選で、遠藤被告を当選させるために共謀し、別の議員に現金100万円を渡そうとしたとされています。

24日の初公判で2人は起訴内容を認めました。
このあと検察側が遠藤被告に懲役1年、稲葉被告に懲役10カ月を求刑した一方、弁護側は遠藤被告には執行猶予付きの判決を、稲葉被告には罰金刑を求めました。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る