静岡のニュースポータルサイト

大学入学共通テストへ 受験生が力が発揮できるよう会場で感染対策 静岡県

2022年01月14日(金)  テレビ静岡
15日から大学入学共通テストが始まります。

去年に続く感染拡大の中での実施に、受験会場は感染対策の準備に追われています。

15日、16日と大学入学共通テストの会場となる静岡産業大学藤枝キャンパス。2日間ともに約300人が受験に訪れます。

鈴木櫻子記者 「受験会場となるこの会場では受験者が間隔をあけて座り、10分間の休み時間には窓が全開になるなど、基本的な感染対策が取られます」

14日、大学の職員たちが机の消毒や休憩時間に混雑が予想されるトイレで距離を保つためのテープを貼っていました。

また濃厚接触者が受験を希望する場合、当日看護師と面談し許可が出れば別室で受験ができるということです。

静岡産業大学・堀川知廣学長補佐 「きょうも朝から職員が全員で受験生が安心して受験できるように、アルコール消毒とか机の消毒・椅子の消毒をしてまいりました。普段の実力が十分発揮できるように臨んでいただければと思います」

静岡産業大学の入試については、受験生が感染したり濃厚接触者となったりして個別入試を受けられなかった場合、別の日に面接などの選考をおこなうか大学は検討しています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る