静岡のニュースポータルサイト

「みなさんに金メダルを」 橋本会長を「開催大成功」の横断幕でボランティア迎える 静岡県

2021年09月14日(火)  テレビ静岡
静岡県勢の大活躍で幕を閉じた東京オリンピックとパラリンピック。

14日、大会組織委員会の橋本聖子会長が川勝知事の元を訪れ、県内での開催に感謝を伝えました。

川勝知事「お越し頂きましてありがとうございます」
橋本会長「どうも大変お世話になりまして、ありがとうございました」

大会では県内の会場でも自転車競技が実施され、橋本会長は大会の準備や開催への感謝を伝えました。

橋本聖子会長 「この大会の開催を信じて知事はじめ、皆さんに準備をずっとして頂いた。その思いが私自身も最後までこの大会をやりとげなければいけないという大きな力になっていまして」

川勝知事 「スポーツの力で未来にいきる元気と、コロナを乗り越える元気をもらった」

また橋本会長は海外の選手からの「静岡でまた世界大会を開いて欲しい」という声を紹介し、サイクリストの聖地としての発信に努めていきたいと話していました。

このあと橋本会長は沼津市を訪れました。

そして集まった都市ボランティアやコースサポーター、それに市や町の職員たちに「おもてなしの心を忘れずに奮闘してくれた」とねぎらいました。

橋本聖子会長 「本当にみなさん、おひとりおひとりに私自身から心の中で金メダルを首にかけさせていただきたいと思う」

記念撮影では都市ボランティアが「開催大成功」と書かれた横断幕を掲げ、橋本会長を喜ばせていました。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る