静岡のニュースポータルサイト

避難所ホテルが利用期限 一部避難者は別のホテルに移り生活再建へ 熱海土石流

2021年09月15日(水)  テレビ静岡
静岡県熱海市で起きた土石流災害で市が避難所としてきたホテルが15日で利用期限を迎え、一部の避難者は別のホテルに移り生活再建へ向けた準備を進めます。

今年7月に発生した大規模な土石流で熱海市は市内のホテルに避難所を設け、14日時点で60世帯115人が避難しています。

このホテルは15日で利用期限を迎え、荷物を運び出す人の姿が見られました。

市によりますと15日から公営住宅や民間のみなし仮設住宅で生活する人がいる一方、まだ住まいが決まっていない人や生活室需品がそろっていない人は市が確保した別のホテルで避難生活を続けるということです。

避難者 「荷物を移してだんだん拠点を移動していく。まだまだ家から荷物を取り出さなければならないので」

市は「被災者ごとに状況が違い、今後も支援を続けていきたい」としています。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る