静岡のニュースポータルサイト

熱海土石流 当時の対応は「整理中」市回答避ける 百条委員会の設置は否決

2021年09月15日(水)  テレビ静岡
復旧を優先するとして会期を1日とした熱海市議会。

土石流の起点となった盛り土への対応について、熱海市は「整理中」として回答を避けました。

熱海市議会では本会議に先立ち、土石流の犠牲となった26人への黙とうがささげられました。

議会では原因究明のため「百条委員会」の設置を求める動議が出されましたが、市の調査結果が10月に公表予定で、時期尚早などとして否決されました。

また一般質問では復旧・復興計画に加え、発生地点の盛り土をした前の所有者への市の対応について質問が出ましたが、整理中で10月中旬をめどに開示したいと答えるのみでした。
< 前の記事            次の記事 >

その他のニュース

ページ上部へ戻る